<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0142657_1203964.jpg

小布施 京都奈良に引き続き今度は大森ロッジのオーナーの矢野さん夫妻
ソウアトリエの五十嵐さんと私とで
高松 直島 岡山 アート&街並み視察の旅に出かけてまいりました!!!

そういえば前回の小布施 京都、奈良のレポートしていないのでこの後!!
レポートしたく思います。

先週の木曜日の朝に高松空港に降り立ちまず向かったのはイサムノグチ美術館!!
写真では何度も見ていましたが実物は初めて
彼の創作意欲の深さを感じるアトリエが残されていて
作品に対する姿勢やものづくりにかける思いが伝わってくるとても素敵な施設です。

あいにくの雨模様でしたが野外に据え置かれたかれの彫刻が雨にぬれつややかな表情を
醸し出し霧がかった山々の風景と重なり印象的な情景が脳裏に残っています。
撮影禁止で写真はありませんが。
記憶に残る説明の要らない美術館です。

アトリエのある蔵や野外の彫刻群の先にランドスケープ彫刻ともいえる空間があります。

自然傾斜を利用した見事な曲線の芝生マウンドと川の流れを表現した石、石畳等で構成された
場所に日本の山では見慣れない大きなユーカリの大木が大きく成長し
彼のエッセンスを風景全体で感じ取れる場所でした。

フェリーの時間が迫っていることもすぐにフェリー乗り場へ
地元で有名な鳥料理屋さんでランチをしていたらフェリーの時間がぎりぎりとなり
007並みの飛び込み乗船で事なきを得ました。のがすと3時間次のフェリー来ない、、、

くぐもる直島に到着!!
b0142657_1225666.jpg

その足で直島で展開される「家プロジェクト」5件と、安藤さん設計の地中美術館へ、、、
b0142657_1212645.jpg

以前直島に来たのが13年前。大学4年の古建築実習で京都奈良の古建築をひとしきり見た後
一人帰り道とは逆方向の直島に赴き、その時できたばかりの安藤さんの建築を見に来ました。
風景に溶け込む彼ならではの軸線の利いたデザインは建築少年だった私の記憶に鮮明に
記憶されました。
矢野さんにもお話ししましたが、私が大学4年のころにそれまでゴルフ部(主将だった!!)
でゴルフ漬けだった学生生活から一転して建築少年になったきっかけがこの作品との出会いでした。
学生最後の建築実習で敷地は自由設定でアトリエを作るという課題がありました。
なぜか私はその時安藤さんにかなり傾倒していたので、形態をそっくりそのままコピーして模型やプランを製作して発表しました。その時はそういう創作活動が楽しくて、余計なことは考えていませんでした。
公表には高橋貞一先生や内田祥哉先生という当時の大建築家先生たちでちょっと不安でしたが
発表すると先生たちは笑って、模倣やコンセプト後付け大いに結構という感じでかなりの良い評価をいただきました。
今思うとその時はかなり純粋にコンセプトという大義名分があってそれに即して計画を立てていくということが正でその逆はズルイという考え方でしたが(かなり固い)その後いろいろな社会経験の中で作りたいものを作るために多少のハッタリや演技、巧みな話術で目指すモノづくりの方へその場の状況を引っ張っていくことはデザイナーに求められるもっとも必要な職能だと考えるようになりました。
もちろん嘘はダメですが、作る過程を自分もオーナーも楽しむ状況を作ることは出来上がるものの品質と同じくらい重要なことです。

と脱線しましたが
10年ほど前に訪れた直島はそんなに劇的に変わることはないのですが、アート島の名にふさわしい質の高いアート作品が島中のあちこちに見ることができて、飽きることがありません。

b0142657_1223548.jpg

写真はオーナーご夫妻を家プロジェクトで激写!
b0142657_1242717.jpg

憧れのオーバルに宿泊!!次の日は素敵な晴天で写真は朝焼けです。(お部屋から)
日が昇ると海がきらきら♪
b0142657_1253766.jpg

オーバルはゴンドラで上がっていく宿泊棟で真中に写真のような池がありそれを取り囲むようにお部屋があります。切り取られた絵のような風景とお部屋から眺める風景のパノラマの対比がとても良いです。
b0142657_1274063.jpg
b0142657_1275253.jpg
b0142657_128549.jpg


二日目は直島から倉敷への移動日でしたが午前中はせっかくはれたので野外アートやコンテポラリーミュージアムを散策。
直島名物かぼちゃ君はあらしで流されたこともあるようです!!
b0142657_1293171.jpg


言葉の要らないアート作品軍をご紹介します!!
b0142657_12101623.jpg

これは壁ですがこの壁はいいです。
b0142657_12103836.jpg
b0142657_12104930.jpg
桟橋はお勧めです!
b0142657_12111861.jpg
b0142657_12113253.jpg
b0142657_12114132.jpg
b0142657_1211494.jpg
b0142657_1212427.jpg


フェリーで直島とはさようなら。今度はいつ行けるかな~~
そして暮らしの宿で2泊目。
倉敷はアミューズメントパークのようでしたが
大原美術館と写真のアービースクエアのアイビーはよかったです。
b0142657_1219193.jpg

三日目に倉敷から少し足を延ばして吹屋という街に出かけました。
ベンガラという写真のような色をした顔料というか塗料のようなもので
木造建築の防腐効果もあることから大量に生産され銅山(原料)を有するこの地は大分儲けたみたいです。
ちょっと天気も気まぐれな感じでしたが、なんとかしのいで見学できました。
街並みは素敵でしたが住んでいる人が少なそうなことと、村の入口に大きな開発をされているようで観光化されすぎないことを祈るばかりですが、昨今の地方経済を考えると観光事業へのシフトは一つの選択肢として否定できるものではないのが悲しいところです。
b0142657_12181328.jpg
b0142657_12182391.jpg
b0142657_12195214.jpg

木造の小学校も観光名所。でも普通に運営されています。

最後にベンガラ特需でわいたこの地を象徴する商家のお屋敷へ
チベットのラサ ポタラ宮をほうふつとさせるせりあがった岩壁にへばりつくように築城されたまさにお城のような外観のお屋敷は大迫力ここまで来た甲斐あったという感じでした!
よっぽど儲かったようです、、、
b0142657_1223958.jpg
b0142657_12231691.jpg


かけ足の紹介で恐縮ですが、いろいろめまぐるしく駆け回った今回の旅行はまたまた得るものがたくさんありました。いつも見識を広げるためのご旅行にお誘いいただけるオーナーさんに感謝感謝です!!
[PR]
by sownoshunchan | 2009-12-06 13:58
b0142657_14492552.jpg


ミンピリゾートは前回ご紹介したヌガラの街からさらに北上したバリ島北側海岸に位置する
ダイビングで有名なスポットです。
対岸にムンジャンガン島というところがあってそこへのダイビング、シュノケーリングが人気です。

なのですが旅の最終日ということもあって家族ともどもややお疲れということもあり
その日はリゾート内でのんびり過ごすことにしました。といっても午前中だけでしたが、、、

まず特筆すべきは温泉!!!
前面のラグーン、マングローブを眺めながら小鳥のさえずりをBGMに入る常夏バリの温泉は
最高でした!!聞いたところによるとドイツの有名な温泉と同じ泉質だとか。

温泉→プール→温泉→プール→温泉→温泉→温泉→プールと
ひながに過ごしておりました。

b0142657_1455154.jpg


また次に特質すべきはそのお庭!!
大きな公園の中に少しヴィラがあるという塩梅でそれも整列であるわけでなく
うっそうとした緑に隠れるようにヴィラがありご飯は5分くらいかけて緑道を散策しながら
サンセットレストランでという感じなので、とってもくつろげます。

このようなスタイル真似した日本のリゾートもよく見ますが
本場感ありありです。



b0142657_14573562.jpg
b0142657_14574339.jpg
b0142657_14575167.jpg


ブランコがさりげなくあったりして娘はバリブランコ
b0142657_14584289.jpg


プルメリアににたバリを代表するお花
(すいません名前聞いたおですが忘れました)
そうそう今度バリに行くときは熱帯植物大図鑑を忘れずにいかなくちゃと思っています。
バリで造園の仕事がしたいと思いました。
バリは熱帯なので日本で言う観葉植物がそこらへんににょきにょき育っているのですが
もう少し制御された抑制的なお庭って案外バリでうけるんじゃないかと思ったからです。
バリは総人口2億4千万人でがんがん経済成長しているそうで
人々の暮らしの変容もすさまじいと聞きます。
生活の豊かさの象徴として建物やお庭に神経を使うのは少なからずどの国でもあるかとは思うので
なんか商業施設などを題材にして実験的にチャレンジできないかなどとひそかに考えています。
(川田さんよろしくです)

b0142657_1542383.jpg

[PR]
by sownoshunchan | 2009-12-02 15:04
b0142657_1427192.jpg


お世話になっているお客様からのご紹介でマンションの植栽リフォームを行ってまいりました~!
音羽という場所はとっても気品漂う素敵な場所です。
茗荷谷の駅を降りると跡見学園やお茶の水女子大、拓殖大など学生の街ですが
ちょうどどこかの私立小学校のお受験説明会か何かがって品のいいお母さんとお嬢様たちがたくさんいました。

うちの娘も来年小学生ですが、私立小学校いいな、、、
と素直に思いました。。

話が脱線しましたが
今回の物件は学生専用マンションということと
グリーンの付加価値を認めてくれる理解力のあるオーナーさんの思いを
反映すべく北側の交通量の多いマンション前面部分にお花をたくさん植えました。

通常いつも言っていますが
マンションの植栽というと性質的に強めで管理が少なくて済むサツキやつつじなのどの植栽が多く見受けられます。サツキもつつじも素敵な花を咲かせるよい植物なのですが
上記の理由で大半のマンション植栽がそうされているのでとても画一的なイメージがついてしまっています。
植わっていればいいでしょという作り手側の意志も垣間見れたりして、管理もいきわたっていなかったりするととてもかいいそうな風景を演出することがしばしばあります。

こんかい真北というオリエンテーションだったので、さわやかな若葉香る陽樹というわけにはいかなかったのですが、ソヨゴ5mを中心にすえ足元にシャクナゲやヤマブキなどの花色を季節で楽しめる樹種を配しました。
クリスマス時期が近いこともあったのでクリスマスローズやクリスマスフォーリーなどを適所に配し
見て楽しい庭になるよう心掛けました。
クリスマスフォーリーやマフォニア等はヒイラギ科の植物で古来より玄関先の魔除けの植物として
好んで配されることも意識しました。


b0142657_14263411.jpg
b0142657_14264335.jpg
b0142657_1427971.jpg


赤い服をきている植木屋さんはいつもお世話になっている大綱ガーデンの酒井さんです。
酒井さんはいつも葉張りの良い図面指示よりも大きくボリュームのある樹木を入れてくれる
心意気のいい植木屋さんです。
[PR]
by sownoshunchan | 2009-12-02 14:29
大森ロッヂは常に動いています。
b0142657_23583421.jpg

前回のコンポスト作りに引き続き!今度はみんなでピザ釜つくりに挑戦という企画をオーナーさんと画策し
(悪だくみのようですが、企画する側も楽しむというスタンスなので、、)
とっても楽しんでしまいまいました~~
というのもこれまただいぶ前にやりまして、、、この間好評につき第2段!解禁オーナーさんのオーストレリアワイン+ピザ釜コラボでひと盛り上がりしたところです。。

将来みなんの集まる実のコミュニティーあるスペースにしていきたいという
オーナーさんも思いから、いろいろな企画を定期的に行っています。
オーナーさんも私もコミュニティーという言葉の持つ強制感というか実がないというか
上滑的なイメージがきらいで、(言葉に罪はないのですが、あまりにも言葉が乱用、消費されていて
そういうイメージになっているのかと思います)

コンヴィヴィアル プレイス

オーナーの矢野さんがあらたにつくられたコンセプトワードです。
この言葉には多重の意味があって今の大森ロッジのコンセプトとして
ぴったりの言葉です。
興味のある方は是非大森ロッジまで!!
足を運んでみては。
お問い合わせはひとまず
私のメール
s-furuya@furuyadesign.com
まで!!

話変わって
ピザ釜です。
セメントを使ってアーチを組んで鉄扉を付けて煙突もあって、、、
というピザ釜のイメージを刷新する
お手軽簡単5分でどこでもだれでも完成ピザ釜のご紹介です。
このつくりに辿りつくまで
同じくピザ釜作りに果敢に挑戦されている有志の方々の公開ブログを
参考にさせていただきながらこの形に行き当たりました!!

興味のある方は古谷デザインまで、、、
などと宣伝したくなるぐらい!
素敵なピザ釜君になりました!

写真がいま手元にないので今度のせますね、、、
前回カーサブルータスさんが大森ロッヂの取材にいらしていたので
もしかしたら端っこにのってるかも!?

b0142657_23591947.jpg

[PR]
by sownoshunchan | 2009-12-02 14:05
二子玉川のガーデンアイランドにできたThe Golfers Clubの内装デザインのお手伝いをしました~!!
実は先月の頭にOPENしております!!
ばたばたばたしておりブログアップが遅くなりました!!

The Golfers Clubは世界で唯一タイトリストのクラブだけを扱うオンリーワンショップなのです。
ゴルフをやられる方ならご存知かと思いますが(カクユウ私も学生時代からゴルフを愛する一人)
タイトリストはアメリカのメーカーでトッププロが好んで愛用するトップギアメーカです。

そんなことからかタイト(タイトリストファンは短縮してこう呼ぶ)はちょっと難しい玄人好みのイメージがあるクラブです。またデザイン性はぴか一で僕はダンロップ派(昔のマクスフライ、いまはスリクソン)だったのですが
これを機会にタイトに挑戦!と思っています!!

ゴルフは難しいクラブを使わないとうまくならないと物の本によくうたわれています。
昔取った杵柄でゴルフ熱高めていこうと思っています!

さて本題ですが
そのお店にはタイトのクラブのほかに女性向けで人気のあるコブラやボーケイウェッジ、スコッティキャメロンのパターなども豊富に取り揃えております。キャメロンのパターは値が張りますがとっても素敵な顔をしています!
また服飾も充実していてこれまでのゴルフウエアのイメージを刷新するとってもセンスフルはメーカー
シェルボとリンドバーグを中心にゴルフショップインアパレルショップが展開されています。

店舗はもともと温室の形状をしており天井高も豊富にあることから1レベルでだっーと並べるのでなくて、
ゴルフギアやグッズの売り場とシークエンスを変化させ、売り場の奥行き感と一度に目に入る商品が
重なることなくひとつひとつなるべく明確に目に飛び込んでくるような空間構成を心掛けました。

一つ一つがデザインされた1プロダクトなのでそれぞれのものづくりの結晶に敬意を払うといったらきれいごとのようですが、たくさん売りたいからたくさん置くという発想よりも、俄然商品が生き生きと見えます。
それはお店の活気にもつながると思います。



b0142657_13361978.jpg
b0142657_13363269.jpg


また今回のコンセプトの中に
世界に一つのオンリーワンショップで世界に一つのカスタムメイドクラブを提供するというのがありました。
よくゴルフツアーなどに行くと専属契約されているツアープロのために各メーカーがツアーバンという
荷台を工房に改造したトラックでコースにツアー中常駐しています。その時の選手のコンディションによりクラブのシャフトを交換したり角度を調整したり即座にできるように待機しています。
メーカにとってゃ選手は広告塔ですから、万全のギアーで活躍してもらったほうがいいに決まっていますから。
今回そのツアーバンがお店の中に出現しています!!
そこでお客様の好みのクラブに仕上げてくれるわけです。

b0142657_13404854.jpg


最後にものの1ヶ月でこのお店を作り上げた、オーナーさん、設計の方、施工に携わった方々
みなさんの瞬発力に脱帽するとともに、大変お疲れ様ですございました!
運営隊長の山本さん頑張ってください!!

これまでにない素敵なゴルフショップになっています!
まだ行かれていないゴルフファンの方々必見です!!!!
[PR]
by sownoshunchan | 2009-12-02 13:43