人生初の講演会!!

以前お仕事をご一緒させて頂いた縁で某ゼネコンさんの若手設計部の方々を対象にした講演会をしました。
講演会といっても、不慣れだったこともあり、一方的にしゃべるのもどうかと、主催者の方々と話し合って
半分しゃべって半分ケーススタディー的に参加してもらう形で行いました。

僕自身は大学院を修了してから、家具や建築コンサルの会社とあまり多くない規模の会社に勤めてきたので
正直大企業で働く設計者の方々がどういったモチベーションで、どういう問題意識を抱えて仕事をされているのかがリアルには見えていませんでした。
だからというわけではないですが、皆さんがどういうビジョンで仕事に臨まれているのかを知りたくて
3,5,10年後に自分、会社はどうなっていたいかという課題を出してグループワークをしていただきました。
ぼくの少ない企業での仕事経験から、なんでも枠を決めずに、他分野にもかぶって行って、わからないながらも周りに教えを請い、能動的に主体的に仕事をすることが重要と感じているので(何よりもそのほうが楽しい)企業とか上司とか決まりとか適当にしてやりたいことをやってほしいと皆につたなく伝えました。

僕の恩師たちは
「ルールは壊すためにある」
「いいかげんがいい加減」
「自分の環境は自分でつくれ」
「本当にやりたいことはなんのかこれ以上ないくらい掘り下げて考えろ」
とか言ってきた方々だったので
たいがい反体制的なアバンギャルド精神が自分にはしみついています。

僕ももう少し自分をまとめて
有意義な情報が提供できる話し手になるよう修行を積もうと思います。

とはいえ上記の考えかたが現代社会ではあやうさと表裏一体なのも何んとなくわかるので
嗅覚とアンテナ(この会の名称でもある)を研ぎ澄ませて是非、このゼネコンの設計部は他とは一味違うねと言わしめてほしいと思います。
[PR]
by sownoshunchan | 2009-06-29 21:58